オストアンデル

お饅頭、中身はReblog


Ask me anything   Submit
marr-tbからリブログ
marr-tb:

Futurism - An Odyssey in Continuity #25d (by simoncpage)

marr-tb:

Futurism - An Odyssey in Continuity #25d (by simoncpage)

handaからリブログ
fashionaryhandからリブログ

fashionaryhand:

Creative Fashionary sketches by Grace Ciao

Grace is a fashion illustrator from Singapore. She draws inspiration from everything around her. Her favourite materials are watercolours and flowers. Here are her amazing Fashionary sketches inspired by flowers!

(yellowblogから)

celestinevibesからリブログ

(元記事: celestinevibes (yellowblogから))

myampgoesto11からリブログ

myampgoesto11:

 Anila Quayyum Agha: Intersections 

Created by mixed media artist Anila Quayyum Agha, this elaborately carved cube with an embedded light source projects a dazzling pattern of shadows onto the surrounding gallery walls. Titled Intersections, the installation is made from large panels of laser-cut wood meant to emulate the geometrical patters found in Islamic sacred spaces. Agha shares:

The Intersections project takes the seminal experience of exclusion as a woman from a space of community and creativity such as a Mosque and translates the complex expressions of both wonder and exclusion that have been my experience while growing up in Pakistan. The wooden frieze emulates a pattern from the Alhambra, which was poised at the intersection of history, culture and art and was a place where Islamic and Western discourses, met and co-existed in harmony and served as a testament to the symbiosis of difference. I have given substance to this mutualism with the installation project exploring the binaries of public and private, light and shadow, and static and dynamic. This installation project relies on the purity and inner symmetry of geometric design, the interpretation of the cast shadows and the viewer’s presence with in a public space.

Intersections is currently a finalist in the 3rd Annual See.Me: Year in Review Competition, and you can learn more about it here

via Colossal

(yellowblogから)

plasmatics-lifeからリブログ
inspirationfeedからリブログ
bgnoriからリブログ
作戦を立てるときには補給、戦略、戦術の順番で、報告するときには戦果、戦略、投入された物量の順番で考える。昨日の菅総理の会見、原子力発電所への海水注入を報告したときは、全く逆をやっていた

Twitter / @medtoolz: 作戦を立てるときには補給、戦略、戦術の順番で、報告す … (via bgnori)

この考え方、仕事場に貼っとこ

(via mnky)

何度でもRblg。

(via yellowblog)

(yellowblogから)

yudokuからリブログ
darylfranzからリブログ

1. 上司を知る


上司の基本的な行動を知らない限り、上司の人生をラクにすることはできません。まずは、上司があなたに何を期待しているかを知ることから始めましょう。それがわかったら、どのようにそれを提供するかです。

上司は、文書または口頭のどちらで進捗を報告されるのを好みますか? エクセルのようなスプレッドシートとパワーポイントのスライド、どちらが好みですか? 情報共有はメール、定例会議、ボイスメールのどれが好みですか?

上司を知り、その好みを把握することで、必要な情報を必要な方法で伝えることができます。それを喜ばない上司はいないでしょう。


2. 上司の目標を知る


従業員として、自分の目標を追求するあまり、自分が上司の目標達成をサポートするためにいることを忘れてしまいがちです。ですから、自分の上司がどんな目標、数値、プロジェクト、その他の成果の責任を担っているかを知ることも、あなたの仕事としてとらえましょう。

それをするのは非常にシンプル。1対1の面談時に、直接聞くだけでいいのです。「あなたの目標と優先順位を知っておけば、その達成をサポートしやすいと思います。あなたの成功をお手伝いするためにも、それらを教えてもらえますか?」と。上司の目標がはっきりすれば、それをサポートするための成果を生み出すことができるでしょう。


3. 不意打ち禁止


私が常々チームに言っているのは、不意打ちの禁止です。

あるお客様がカンカンに怒っていて、今にも爆発寸前という状況を察知したら、できるだけ速やかに上司に知らせなければなりません。連絡が遅れるほど、状況を知ったときの対応が難しくなり、あなたに対する不満が募ることになります。

不意打ちは、不満だけでなくカオスも生み出します。そのカオスの対応には、あきれるほどの時間がかかるのです。ですから、できるだけ早い報告を。きっと、上司から感謝されるはずです。


4. 逐一聞かない


厳しい言い方をすると、どんな上司も、部下のベビーシッターなどしたくありません。ですから、健康保険のこと、鉛筆の場所、経費報告書の提出先などを知りたければ、上司ではなく同僚に聞くようにしましょう。

上司と1対1で話せる時間は、協力が必要な仕事の相談のためにとっておいてください。あなたの知的筋肉を活かし、優秀な部下として認められるような課題を相談するといいでしょう。


5. 納期厳守!


上司から課題を与えられたら、徹底的に納期にコミットしましょう。少なくとも、納期の1日前に終わらせることを目指してください。

そうすることで、上司が結果を吟味したり、何かがあったときに対応するための時間を取ることができます(その「何か」は、必ず起こります)。


6. 課題ではなく解決策を


あなたの仕事は、発生する課題を逐一指摘することではありません。求められているのは、自発的にその解決策を考え始めることなのです。

たとえば、発送部が時間通りに発送してくれないからと言って、上司に不満をぶつけても仕方がありません。それよりも、まずは自ら発送部に出向き、状況を改善する方法を話し合ってみては? そして、あなたにできることは何かを考えてみてください。

上司のもとに行くのはそれからです。問題解決に向けて、あなたが動き始めていることを、胸を張って報告しましょう。


7. 有言実行


金曜日までに報告書を提出するとチームミーティングで約束したのに、金曜日の朝、「ほかの事案が発生して」と手ぶらで出社したらどうなるでしょう。あなたの上司に、クレームが寄せられると思います。

クレームだけで済めばいいのですが、そのレポートをもとに上司が経営陣にプレゼンをする予定だったとしたら、上司に多大なる迷惑をかけることになってしまいます。

自分の行動に責任を持ち、約束をきちんと果たす部下は、上司にとって夢のような存在。どんなときでも、信頼して仕事を任せることができるでしょう。

上司に喜ばれる部下が実践している7つのこと | ライフハッカー[日本版] (via darylfranz)

(sukoyakaから)